CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
女性専用カウンセリング
  女性専用です。ご了承ください。 藤井志帆のカウンセリング受付は 7月からとなります。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
メンタルヘルス情報や活動報告、日々の徒然。
ドカ灰
0
    現在の鹿児島です




    | - | 08:09 | comments(0) | - |
    紫色の効果を仕事に
    0
      おはようございます
      シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。
      鹿児島は雨が上がり、今朝は少し肌寒く風が冷たいです。
      寒暖差がありますね。
      体調に気をつけてお過ごしください。

      春は様々な花や木々が元気をくれる季節です。私が好きな花の1つが「クレマチス」です。「テッセン」とも呼ばれます。様々な色や形の種類がありますが、特に紫の花が好きです。





      そこで 紫の色を仕事に取り入れる方法をお伝えしたいと思います。


      ◆アイディアやひらめきのサポート
      頭で論理的に物事を考えがちな人に、直感力を高め、感覚で感じることをサポートする色です。クリエイティブな仕事をする時にお勧めです。

      ◆気忙しく余裕がない時のサポート 紫には心を落ち着かれる働きがあります。仕事にもメリハリが必要です。頑張って突き進んだあとに、一息つきたいとき、紫は穏やかな時間をもたらしてくれます。

      ステーショナリーやデスク周りの小物に色を取り入れて、快適な空間をつくってみませんか?
      | カラーセラピー | 08:02 | comments(0) | - |
      ポテトから新社会人へ祝辞
      0
        シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。

        最近の企業広告は、企業の個性と思いがふんだんに盛り込んであります。
        昨日に続いて、企業メッセージをご紹介します。

        今日ご紹介するのは、マクドナルドのメッセージです。皆様おなじみのマックフライポテトから新社会人への祝辞です。




        | コミュニケーション | 09:27 | comments(0) | - |
        素敵な広告
        0
          シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。
          昨日の新聞広告に心が温かくなりました。

          ご紹介します。
          その広告は、4月8日に創立記念日を迎えた資生堂さんが、
          LOVE THE DIFFERENES.
          違いを愛そう
          と、題した広告です。






          以下広告抜粋
          もしも、世界にあなた1人しかいなかったら。
          差別や偏見はもちろん、戦争だってなくなることでしょう。
          けれど、笑い声も絶え、微笑み方も忘れ、恋する高鳴りも、きっと失われてしまうはず。
          あなたと違う、誰かがいてくれる。
          だからこそ、いろんなストーリーが生まれていく。悲しいことに、
          世界ではまだ、
          年齢、性別、国籍、文化、見た目の印象など、様々な違いを認め会えないことがあります。
          しかし、日本はいつも、異なる価値観を敬い、かけあわせて、新たな価値へと育んできました。
          この国に生まれた私たちは、違いを愛することから始めて行きます。
          多様な価値観や新しいテクノロジーによって
          美しさが進化し、世界を変えていくことを信じて。

          Beauty innvations for a better world.

          | コミュニケーション | 18:50 | comments(0) | - |
          新入社員教育
          0
            シニア産業カウンセラー・植物療法士の藤井志帆です。
            4月に入り、様々な企業へ新規採用者向け研修に出向いています。

            新入者の方々と話をしている中で、上司や会社に求めることは何かと尋ねたところ、その答えで多かったのは、
            「認めてもらいたい」でした。

            入社後3年以内に辞める「早期離職」は組織の課題となっています。

            入社後3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職するという「七五三」現象はよく知られていますが、企業の採用増と少子化で超売り手市場のいまは、若者の早期離職にいっそう拍車がかかっているとも言われています。

            アンケートなどで離職の理由として上位にあがっているのは、
            「仕事が合わない」
            「会社の将来への不安」
            「労働条件がよくない」などです。

            実際には、周囲から認めてもらえなかった「承認」の不足が深く関わっているケースが多いように思います。

            上司や先輩が直接認めることも、新人のモチベーションにつながりますが、お客様や取引先など外部の人から認められたほうが大きな自信につながる場合があります。心ある接遇を身につけさせ、お客様から愛される社員教育も職場に根付く社員作りになると思います。



            新入社員の皆様
            その指導に当たる管理職の皆様
            また周囲の同僚の皆様
            体調に気をつけてお仕事してくださいませ。

            | コミュニケーション | 14:54 | comments(0) | - |